CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
<< 少し回復の兆しが見えてきました (秋旅行記~車山編) | MAIN | 病状は一進一退です・・・ (秋旅行記〜最終日お参り1) >>

しっぽもフリフリ食欲も出てきました (秋旅行記~入笠山編)

あたたかなお見舞いのお言葉ありがとうございます

公園のみんなからも直接お言葉頂いて嬉しいのですが

小豆の返事が”ガウガウ”!ってごめんなさい。

でも何時もなら”ガウガウ”は怒るのですけれど元気な声が

とても嬉しくてホッとしています。

 

 

小豆が倒れてからあっという間に二週間。

病状確認の血液検査は三度目になります。

 

CRP(炎症反応)は正常値に戻り膵炎の状況としてはひとまず治癒

原疾患であるIBDの方はと言うとアルブミンの数値も良くならずに

まだまだお散歩も制限が取れる状況まではいかずステロイドも減量は

先送りです。

体重は倒れた時6.8Kgしかなかったのが7.45Kgに!

食欲は病気で倒れる前以上!

小豆の生命力の強さに期待です

 

 

 

 

さて秋旅行の二日目。

こんな元気な小豆でしたよ

 

 

辺りはすっかり色づいてます

 

 

や〜上は寒そうですね

 

 

ゴンドラで落ち着いて外を眺めていますが本当は?

二度めの乗車です。

9月に一度このゴンドラ乗ったのですがその時はぶるぶるさん!

外を見る余裕もなくパパの足元で丸くなってました

 

 

前回は気づかなかったのですがハートマークのゴンドラが一台

 

山頂駅についたけど思ったほど寒くない

ゆったりお散歩開始です

 

 

整備された森の中を歩き始めると希夏粉さん珍しく積極的に歩いてます

 

 

小豆もびっくり!

 

 

野生動物としっかりと活動エリアを分けています

その分あずきなこも安心して歩けるようです

 

 

湿原の入り口です

長い階段が出口まで続くのですが

 

 

軽快に降りていく希夏粉に対し

 

 

実は、足を踏み外して手も足も四本共です

カメさんになってしまった〜

後は怖くてパパ抱っこです

 

 

階段は気をつけてね〜

 

 

そんなことないと思うのですかね

 


湿原を出た先に綺麗なトイレがあります

ここの先からまたスタート

 

 

登山道?遊歩道?

歩きやすい道が続きます

 

 

沢になる部分の上にはきちんと橋があります

 

 

カゴメの森

(150haの森をケチャップで有名なカゴメが里親として整備してます)

 

 

ん? なんだ?

 

 

やめて欲しいな、ただでさワンコ連れて入れる自然が少ないのに

ワンコ好きな方ばかりじゃないから特に山道では滑落とか危険です

 

 

緩やかなお花畑?をゆっくりと(この時は山焼きしてました)

 

 

岩場コースと迂回コースがありますがワンコ連れですもちろん!

岩場コースは10分迂回コースは+5分かと見た後に???

 

 

どっちも15分じゃないですか?

案内板を作る人によって時間はまちまちですね〜

 

 

迂回コースも結構な斜面です

岩場コースを選ばなくて良かった〜

 

 

残りはすぐなはずなのに上り坂が一向に終わらない

険しさは増してる?

 

 

これを登り切れば山頂です

 

 

風が強い! 寒い! 長居出来ないよ・・・

 

 

眺めは最高!

一息つく?

 

 

やっぱり寒くて無理だね

 

 

諏訪湖まで綺麗に見えたよ!

気分は最高!

 

 

寒さで震えてあずきなこは中腹の遊歩道まで抱っこで下山

 

またまた早目に切り上げて

早めにお買い物〜 ちょっぴり先にある七賢の酒蔵と金精軒まで

 

宿に戻っては大好きなドッグランで

 

 

チッコ流すジョウロから水飲まなくたって・・・

 

 

食事はお任せメニューです

連泊すると色々頑張って作ってくれます。

 

 

僕には無いの?

 

お腹が緩い小豆には今回は宿でのワンコ飯は無し

でもパパのステーキは大分とられちゃったけどね〜

 

また食べられるようになるといいな〜

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村

 

小豆のせいでおやつがもらえなくて

希夏粉が拗ねまくってます!

 

| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |











http://blog.bossken.net/trackback/667