CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
<< ワンコが遊ぶのには良い気候になりましたね! | MAIN | またまた真面目な?お薬の話 >>

ちょっと真面目な?お薬の話

あずきなこのお薬について何度か書いたりしてましたが

少し真面目に?書いてみようかと

 

 

いきなり旅行の時の写真ですが、この翌日だったかなここで

ブランチをいただいた時のお話です

 

まあ、ここは常連さんが結構多かったりしてます

その常連さんのお話が聞こえちゃってるというか・・・

その方はとある胃腸科のドクターで大型犬と小型犬を連れていらしてました

 

うちのは(ワンコ2匹)元気出すために41飲ませているんだよ〜って

元気になるからご主人も飲みなよ!ってここの食事処のご主人に。

 

           思わず小豆も驚いちゃう?

 

 

41っていうのは漢方薬のことで医療用の漢方薬は番号が振って在り

トップシュアと二番手シュアの二社は同じ番号を使ってます

      41:補中益気湯になります

読んで字のごとく中(お腹)を補って気(気力)を益させるくすりです

確かに漢方の中でも証という東洋医学上の診断がいい加減でも害が少なく

サプリ的に飲まれている人もいるにはいるのですが・・・

 

何故驚いたかといいますと東洋医学では診断に四診というものがあって

簡単に言うと”見る・聴く・質問する・触る”の四種類です

ここのご主人は気力にあふれエネルギッシュ!体つきもがっちりしていて

それでも特に肥っている訳では無いのです

大まかに分けますと 虚証と実証 とに分けられるのですがご主人は

実証タイプでした

 

この補中益気湯は虚証に使う薬で正反対なんですよね・・・

 

連れていたワンコを見ると大型犬の方は虚証っぽくOKでしたが

小型犬の方は? 虚証には見えませんでした。

 

          何で勧めちゃったのかな?

 

東洋医学って医学部でも確か授業が無い。勿論ほかの医療系学部でも。

薬用植物学ぐらいは薬学部にはありますけど名称とそれに含まれる

薬効成分くらいしか勉強しません

 

なのにどうしてこれほどまでにお医者さんでも使っているの?

おとなの事情です・・・

情報自体は漢方製剤の製薬メーカーからの宣伝が大半を占めてます

なのであまり適していない使い方をするお医者さん(人医)もいます

 

でも東洋医学自体を否定するわけでもなく、私自身も漢方薬は服用中です

ただ、漢方は体質改善・副作用がないなどという都市伝説がまかり通って

とても危ういものであることも知って下さい

 

この補中益気湯を例にとってお話ししますと

人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、

陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、

生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)

 

これを一定割合で煎じていますが甘草(カンゾウ)って言われても???

判りませんよね?まあ、甘い草なんですがこれを煎じた時に得られるのが

グリチルリチンという成分

皆さんが毛嫌いしている?ステロイドの原料です

 

ステロイド自体を服用するのであれば体が耐えられる量を上手に

コントロールして量や期間を決めますが漢方薬でダラダラ飲んでしまうと

お判りですね

 

 

ただ、小豆には使ってあげてもよかったかなってのもあります

小豆の病名 IBD(腸炎症性疾患)とおそらくそこからくるリンパ腫。

IBD自体が原因が不明瞭な慢性非特異的異性腸炎というか自己免疫性疾患

エビデンス(治療経験)としても犬に補中益気湯を使った場合の論文は

検索掛けましたが見つからず

 

基礎データですが

ステロイドで免疫が落ちた感染症に対して生存期間の延長

NK(ナチュラルキラー細胞)活性骨髄機能の回復

抗腫瘍免疫の獲得及び腫瘍の増殖抑制

 

結構、漢方薬の勉強はしてたのにな(そこそこ自信あったのに)

初期段階だったら少しは効果があったのじゃないかな?

ただ、食欲が落ちている小豆に漢方薬を与えるのは飼い主として辛すぎ

犬のIBDの治療に漢方薬を取り入れている動物病院もあると聞いています

 

原因がこれだ!って言えない病気って結構漢方は適していると

漢方だけでなく、食事療法なども生活していくうえで経験したことの

積み重ねから得られたもの。

 

まだまだ勉強しないといけません(反省)

 

あ〜勉強ってこの歳からしたくないよ!

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村

| 日常 | comments(0) | trackbacks(0) |











http://blog.bossken.net/trackback/715